食事とペニス増大の関係は!?栄養価の高い食べ物を教えます!

食事とペニス増大の関係は!?栄養価の高い食べ物を教えます! ペニス増大まとめ

食べるだけで本当にペニスが大きくなるのか?

タイトルを見て、「食べ物で食べるだけで本当にペニスが大きくなるの?」と疑問を持った人は多いのではないでしょうか。
結論から言うと、実は「これを食べるだけでペニスが大きくなる」ことを証明するための、世界共通の医学的データや科学的な根拠は今のところ存在しません。
ネット上では稀に、「〇〇を食べれば100%ペニスが増大する!」といった宣伝や情報記事がありますが、あれは誇大広告なので簡単に信用しないようにしましょう。

ただし、食べ物に含まれる栄養素の中にはペニスを増大させる働きを補助するものがいくつかあることは紛れもない事実です。

この記事では、そのペニス増大に効果が期待できる食べ物や栄養素とともに、効率よく摂取するための方法なども解説していきます。
さらに食べ物で期待できる増大効果をより確実に発揮するための3つのポイントも紹介するので、ペニスのサイズに悩みを抱えている男性はぜひ参考にしてください。

ペニスが増大するメカニズムとは?

食べ物や栄養素で期待できる効果を理解するには、まず「ペニスが増大するメカニズム(仕組み)」について理解する必要があります。
ペニス増大のキーポイントとなるのは、「海綿体」「血液」の2つです。

海綿体とは、ペニス内部にあるスポンジ状の組織でペニスの大部分を覆っています。
男性のペニス には1本の尿道海綿体と2本の陰茎海綿体、計3本の海綿体があります。これら海綿体のほとんどは血液で占められており、海綿体に血液が大量に流れ込むことでペニスが勃起状態となります。海綿体が「勃起性組織」とも呼ばれる理由は、こうした働きを持っているためです。

「海綿体に血液が大量に入り込むことで勃起する」ということは反対に言えば、「海綿体と血液の流れが正常に機能していなければ健全な勃起は望めない」ということになります。
ひいては、その異常が悪化していけば勃起時のペニスはますます小さくなったり、固くなくなったりしていくことになります。
わかりやすいように簡潔に説明しましたが、ペニスが増大する(小さくなる)メカニズムについては概ねお分かりいただけたかと思います。

さて、海綿体や血流の機能を正常に働かせるための方法の1つが、冒頭でも紹介したように「食べ物から効果的な栄養素を摂取すること」です。

ペニス増大のために摂るべき5種の食べ物と栄養素

食べ物に含まれる、ペニス増大効果が期待できる成分はさまざまあります。
食べ物の種類とともに、「含まれる栄養素には具体的にどういった効果が期待できるのか?」についても詳しく紹介します。

豚肉

豚肉にはアルギニンという成分が豊富に含まれています。
アルギニンには、ペニスを増大させるための血行促進効果や精力アップの効果が期待されています。
ほとんどのペニス増大サプリに含まれる成分としても知られているため、効果への信頼性が非常に高い成分と言えるでしょう。
含有量は100g中7600mgです。
特に豚のゼラチン部分には多く含まれているので、豚の角煮などにして食べるとより多く摂取することができます。

大豆系(豆腐、納豆など)

アルギニンは豆腐や納豆といった大豆系の食べ物にも含まれます。
アルギニンに期待できる効果は先ほど説明した通りで、100gあたりに含まれるのはおよそ6700gです。
また納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素は血液をサラサラにして動脈硬化を予防する効果が期待できるため、間接的に勃起力アップへの効果が期待できます。

牡蠣

牡蠣には亜鉛が豊富に含まれています。亜鉛は、性欲の減退を予防したり勃起持続力をアップさせたりといった効果が期待できる成分です。
養殖の牡蠣100gあたりに含まれるのは18.3mgです。厚生労働省によると成人男性は1日に15mgの亜鉛を摂取することが奨められているため、この数値をぜひ参考にしてください。
亜鉛は摂取しすぎると、貧血、味覚障害、代謝異常といった症状を招くリスクもあるので食べ過ぎには注意しましょう。

瓜系(スイカ、メロン、きゅうりなど)

スイカやキュウリにはシトルリンという成分が含まれています。
シトルリンは、アルギニンと同様、信頼できるペニス増大サプリには必ずと言っていいほど含まれている成分です。
主に血液をサラサラにしたり疲労回復を促したりする効果が期待できます。
疲労は精力や興奮作用を低下させる要因ですので、「最近疲れやストレスが原因で勃起しづらくなっている」という人は、特に摂取したい成分と言えます。
100gあたりに含まれるシトルリンの量はスイカがもっとも多く180mgで、きゅうりは9.6mgです。

トマト

トマトに含まれるGABA(ギャバ )というアミノ酸の一種が効果的な成分です。
脳や脊髄に含まれるGABAは、加齢によって体内の量が不足すると言われているのですが、不足することで自律神経のうちの交感神経が優位になりやすくなります。
1日中交感神経が活発な状態は、副交感神経の働きが弱まり快適な睡眠や疲労回復に支障を与えることになるのです。
あとで詳しく紹介しますが、快適な睡眠は精力増強や血液のスムーズな流れを促すためには必要な条件の1つです。
つまりトマトからGABAを摂って自立神経のバランスを整えるとは、ペニス増大のために必要な条件を整えることに間接的につながるのです。

【100gあたりの含有量の参照元】
・文科省「食品データベース」 https://fooddb.mext.go.jp/ranking/ranking.html
・公益法人日本生化学会 http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2015/01/86-03-08.pdf

ペニス増大に“逆効果”な食べ物は?お酒は大丈夫?

基本的に食べ続けると身体に良くない食べ物と言われるものは、ペニスの健全な機能維持や増大のためにも良くありません。
代表的な食べ物としては、冷凍食品やインスタント食品といった加工食品、硝酸塩が使われているハムやウインナー、高カロリーな食べ物、といったものが該当します。

加工食品には塩分が多く含まれているものが多いため、高血圧や動脈硬化の原因となります。
また硝酸塩が使われている食べ物や高カロリーの食べ物も、摂りすぎると血流を滞らせる動脈硬化のリスクがあると言われます。
また、硝酸塩は発癌性があると言われている物質でもあります。

ただ、もちろん食べ過ぎなければ悪影響が出るリスクはほとんどないため、日頃から意識して注意していれば問題ありません。

そして多くの人が迷うのがアルコール(お酒)ではないでしょうか。
アルコールは適度な量であれば、むしろペニス増大やED改善にいい効果が期待できると言われます。
血管に損傷を与える活性酸素が除去されて、勃起の機能が正常に働きやすくなるためです。
「適度な量」とは、厚生労働省によると1日20gとされているので、ぜひ参考にしてください。
ビール中瓶1本、日本酒1合、酎ハイ(7%)350ml、ほどの量です。

参考:https://www.eastcl.com/ed/about/喫煙・飲酒の生活習慣はedの引き金!/

「ただ食べるだけ」ではダメ!合わせて実践したい3つのこと

いくら食べ物で栄養を摂取しても、生活習慣が悪ければ栄養が身体にしっかりと吸収されないため、得られるはずだった効果も半減してしまうでしょう。
また本気でペニスの増大を目指しているのであれば、増大サプリやチントレなども並行して活用することもポイントです。

1.生活習慣の改善

睡眠不足や過度なストレスを抱えている状態が続くことは、自律神経のバラスを損ねるため、男性ホルモンであるテストロテンの分泌量を低下させます。
テストロテンは精力の増強やペニスの発育機能を正常に高める効果を持っているため、低下するほどペニス増大にはマイナスの影響となります。

また、特に「喫煙」は栄養素の効果を失わせるどころか、ED(勃起不全)を引き起こすリスクがある習慣の1つとも言われる危険な習慣です。
タバコに含まれるニコチンなどの有害物質が血管内の細胞を破壊し動脈硬化を引き起こすためです。
動脈硬化による血流悪化の影響は当然ペニスにも及ぶため、勃起しない(しにくい)状態となるEDを招いてしまうのです。

2.増大サプリ

ペニス増大サプリは、食べ物から得られるペニス増大に効果的な栄養素を、より効率よく摂取したい人にオススメです。
実は、食べ物から摂取できる増大に効果的な栄養素の量はそれほど多くはありません。
また毎日食事でバランスよく継続的に摂るのは簡単なことではないでしょう。

本気でペニス増大を目指す人は、アルギニンやシトルリン、亜鉛といった成分が1つに凝縮されたペニス増大サプリを活用することも積極的に検討するべきでしょう。
ただし継続することが何より重要なので、「始めるぞ!」と決めたら、数ヶ月分の購入費用はあらかじめ準備しておくことが大切です。

3.チントレ

チントレとは、ペニスの血流や海綿体の機能を活発化させてペニスを増大させるために行うトレーニングのことです。その方法はさまざまで、OK法、ミルキング、ジェルキング、PC筋トレーニング、と呼ばれるものがあります。
チントレでは、食べ物から摂れる栄養素や血液をペニス全体に循環させる効果が期待できます。
サプリ同様、本気で目指す人はぜひ並行して実践したいポイントです。

食べるだけでペニス増大 〜ポイントのまとめ〜

最後に、ここまで説明したペニス増大のためのポイントをおさらいしておきましょう。

・「これを食べれば100%増大する!」という食べ物はないが効果が期待できる食べ物はある
・ペニスを大きくするためには海綿体と血流の正常な働きが必須
・増大が期待できる栄養素には、アルギニン、シトルリン、亜鉛、GABA、などがある
・正しい生活習慣、増大サプリ、チントレを並行して実践することが大切
・食べ物で摂れる栄養素は、増大サプリでより効率的に摂取できる

繰り返しになりますが、食べ物(食事法)を含めたペニス増大のための取り組みは「継続すること」が何より重要です。
これら5つのポイントをメモに書いておくなどして、日頃から忘れないように意識しておきましょう。

ペニス増大サプリ選びに悩んだらどうすればいい?/cta_ttl] ブラビオンって危険なサプリ?効果や評判を徹底検証!では、ペニス増大が強く期待できるサプリメント・ブラビオンについての効果や口コミなどの情報を網羅しています。

ブラビオンのことをもっと詳しく知りたい方は、ぜひ一度チェックしてみてください!