ペニスのサイズが小さいのは遺伝が関係しているって本当なの?

ペニスのサイズが小さいのは遺伝が関係しているって本当なの? ペニス増大まとめ

自分のペニスが小さいことに悩んだ経験がある男性は多いのではないでしょうか。
中には、「遺伝だからしょうがないか」と悲観的になり諦めている人もいると思います。
ただ結論から言うと、ペニスの大きさは遺伝だけでは決まりません。
また小さいペニスに悩んでいる男性は、何もしないうちから諦める必要もありません。
この記事では、遺伝だけじゃないペニスのサイズを決める要素や増大させるためのアドバイスをご紹介します。

ペニスのサイズは遺伝だけじゃ決まらない!

ペニスの大きさを決めるのは遺伝だけではありません。
確かに身長や目や鼻などの顔の作りなどと同じように、ペニスのサイズもある程度、遺伝による影響は受け継ぐことになります。
ただ、「両親は身長が160cmほどしかないのに子どもは180cm以上ある」という人がいるように身体の各部位の特徴は遺伝ですべて決まるわけではないのです。
またペニスは身体の他の部位に比べて、特に遺伝以外の要素が形成や変化に大きく関係しているとも言われています。
では、一体遺伝以外の何がサイズを決める要素となるのか?
今ペニスが小さいことで悩んでいる男性は、次の「ペニスのサイズを決める要素」に自身が当てはまっていないかをチェックしてみてください。

ペニスのサイズを決める遺伝以外の3要素

1.食べ物

食べ物の中には、ペニスのサイズを大きくさせる可能性がある成分を含んでいるものがいくつかあります。
例えば、豚肉、卵、大豆、魚介類、瓜系(スイカ、メロン、きゅうり)、といった食べ物が代表的です。
これらに含まれるアルギニンシトルリンという成分には、男性ホルモン分泌を促したり、ペニスの血行を良くして勃起力をアップさせたり、といった効果が期待できます。
またタンパク質や亜鉛も成長に効果的と言われる成分です。

特にホルモンの活動が活発で身体の成長が著しい10代(第二次成長期)のうちにこうした栄養素をバランス良く取っていた男性は、ペニスも順調に成長しているはずです。

2.睡眠・運動など生活習慣

アルギニンやシトルリン、タンパク質、亜鉛をはじめとした栄養をどれだけバランス良く摂取していたとしても、生活習慣のバランスが良くなければ身体への吸収効率が低下します。
「遺伝的にも問題なさそうで思春期の頃もしっかり食べていたのにペニスが小さい」という人は、まさに生活習慣が原因かもしれません。

たとえば、睡眠不足や夜更かしは成長ホルモンの分泌量を低下させる要因です。
また運動不足は血行を滞らせる要因であるため、栄養を身体に循環させる働きを弱めたり肥満によりペニスが脂肪に埋れてしまったり、といったペニスを小さくする現象を招きやすくなります。

3.体質

体質=遺伝、ではありません。体質とは遺伝的要因と環境的要因で形成されたその人の身体の性質のことです。
よく、「風邪をひきやすい体質」などと言いますが、風邪をひきやすい体質の人は「ひきにくい体質」の人に比べて、栄養を身体に吸収する機能が弱くなりがちだったり菌やウイルスに対する免疫力が低下しやすかったりします。

つまりペニスのサイズ形成もこれに似ていて、同じ栄養を摂って同じ生活リズムを続けている男性でも「大きくなりやすい人」と「なりにくい人」がいるのです。
前述したように、体質は遺伝だけでなく環境的要因も関係して作られていくものなので、食べ物や生活習慣などで少しずつ改善していくことが可能です。

諦める前に取り組めること!ペニス増大サプリやチントレ

今ペニスが小さいことで悩んでいる人は、「どうせ遺伝だから…」とすぐに諦める前に、ペニスを増大させるための取り組みを始めてみましょう。
ここで紹介した、食べ物、生活習慣、体質改善、の3つとともにペニス増大サプリやチントレといったことも同時並行で取り組むことをオススメします。
栄養や睡眠で期待できる増大の効果を、サプリやチントレによって相乗的に高める効果が期待できるためです。

ペニス増大サプリ選びに悩んだらどうすればいい?/cta_ttl] ブラビオンって危険なサプリ?効果や評判を徹底検証!では、ペニス増大が強く期待できるサプリメント・ブラビオンについての効果や口コミなどの情報を網羅しています。

ブラビオンのことをもっと詳しく知りたい方は、ぜひ一度チェックしてみてください!